集合住宅オーナー・管理組合向けの防犯対策

◆当店からのコメント

居住者の皆さんが安心して暮らせるマンション(共同住宅)作りをしてはいかがでしょうか。

安心した生活と建物の資産価値を維持する上で共用部のオートロックや防犯カメラ・センサーライトの設置等の防犯対策は、もはや必須の時代になりました。
泥棒や強盗・チカンなどの犯罪に対し、抑止効果を高める事が出来ます。

また、日々の使用や経年劣化に伴い、共用部のカギや錠前・ドアクローザーなど扉周り(ゴミ集積場・自転車置き場等・外部階段等の出入り口など)の設備も年々、故障が多くなります。

更にインターホンやカギシリンダーなどマンション特有のシステム機器(カギの逆マスターシステム・集合インターホンシステムなど)が建物には、設備として設置されているケースが多く、その一部の製品は、既に製造中止となっている場合もあります。

「定期的に設備の点検を行う。」や「最新機器の情報を得て改修の予算化を行う。」このように有事の備えが重要と言えます。

占有部(居室部)への侵入口は、お住まい階数により異なりますが、1番多いのは窓、2番目に玄関がターゲットにされています。この事からも窓回りと玄関を重点的に防犯対策する必要があると言えます。

近年は、「防犯とエコ」の2つを同時に性能アップさせる窓ガラスの普及が進んでいます。
共用廊下側の窓には面格子の設置も有効な手段です。
また、防犯性に優れた補助錠を玄関に設置する事をお勧めしております。※マド用の補助錠もあります。

「狙わせない・入らせない」防犯対策のアドバイスを当店がいたします!

 

apartment_taisaku.jpg

 

◆おすすめ商品

  • 非接触式ICユニット
  • 防犯グッズ
お手軽・簡単取付で自己防衛!
  • インターホン
カメラ付インターホンで来訪者を事前に確認!
  • 防犯カメラ
犯罪行為の抑止と記録!

ノンタッチキーシステムとは

ノンタッチキーシステムとは、専用のICチップ付のキーやタグ、カードを受信機に近づけることにより、共用玄関や自動ドアの解錠をさせるシステムです。
当店では、現在お使いの鍵穴タイプ(キースイッチ)のカギからノンタッチキーシステムへのお取り替えをお勧めしております。ノンタッチキーシステムを導入することで様々なメリットを得られます。

鍵穴タイプのデメリット

  • 鍵穴へ異物が詰まりカギが回らない、入らない。
  • 鍵穴の中でカギが折れる。
  • 鍵穴をピッキングで不正開錠される。
  • カギを紛失した際に不正使用される。
  • 全住人が一日数回使用するため、内部部品摩耗による故障。

 

image074.jpg image075.jpg

 

ノンタッチキーシステムのメリット

image076.jpg

  • 鍵穴がないため、異物が入る恐れはない。内部でカギが折れる心配もない。
  • 鍵穴がないためピッキングによる不正開錠は不可能。
  • カギを紛失した際は、紛失したカギのみ使用不可にすることが可能。不正使用の心配はない。
  • ノンタッチキー=非接触キーのため、内部部品摩耗による故障がない。
  • ノンタッチキー=非接触キーのため、バリアフリー。

 

 

nontouch_catalogue.jpgMIWA ノンタッチのカタログはこちら

 

 

 

 

 


美和ロックのノンタッチキーシステムなら、共用玄関だけでなく、駐車場出入口での運用や、エレベータや宅配ボックスとの連動も可能です。

 

nontouch.jpg

ノンタッチキーシステムへのお取り替えには、まず物件の状況確認が必要になります。

お気軽に当店までご相談ください。