賃貸住宅向けの防犯対策

◆当店からのコメント

玄関や窓に設置する簡易防犯グッズを使って泥棒が嫌がる家作りをしてみてはいかがでしょうか。

共同住宅における侵入口は、お住まいの階数により異なりますが、1番多いのは窓、2番目に玄関がターゲットにされています。
この事からも窓回りと玄関を重点的に防犯対策する必要があると言えます。
近年は、「防犯とエコ」の2つを同時に性能アップさせる窓ガラスの普及が進んでいます。
共用廊下側の窓には面格子の設置も有効な手段です。
また、防犯性に優れた補助錠を玄関に設置する事をお勧めします。

※窓用の補助錠もあります。

しかし、前述のどちらも住宅の一部に穴をあけて施工を行う必要があります。
ご存じの方も多いと思いますが賃貸住宅では、退去時に原状復帰をする事が原則です。
その事で「防犯対策が出来ない。」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近も賃貸住宅にお住まいの方よりオーナーさんや不動産管理会社さんからの施工許可を得た後に、当店に依頼頂き、施工をしました。
※オーナーさんや不動産管理会社さんとよくご相談される事をお勧めします。

一概には言えませんが、目的が明確なリフォーム(特に防犯など)は、承諾をするケースが増えているようです。

「相談しても許可して貰えなかった。」「相談する事が面倒。」などの方にも手軽に出来る防犯グッズを当店ではご用意しております。
「狙わせない・入らせない」防犯対策のアドバイスを当店がいたします!

※賃貸住宅ではお部屋に扉や窓に穴をあけた場合、退去の際に費用を請求される場合があります。物件所有者や建物管理者とご相談の上、防犯対策をされる事をお勧めします。

 

chintai_taisaku.jpg

 

◆おすすめ商品

  • 防犯グッズ

    お手軽・簡単取付で自己防衛!

 

商品に関するお問い合わせは当店まで