戸建住宅向けの防犯対策

◆当店からのコメント

玄関や勝手口に補助錠を設置して「1ドア・2ロックにする。」「防犯性の高いガラスに取り替える。」「カメラ付インターホンなどを設置する。」泥棒の嫌がる家作りをしてみてはいかがでしょうか。

戸建住宅における侵入口は、約62%が窓、約32%が玄関・勝手口をターゲットにされています。
この事からも窓回りと玄関・勝手口を重点的に防犯対策する必要があると言えます。
近年は、「防犯とエコ」の2つを同時に性能アップさせる窓ガラスの普及が進んでいます。
また、防犯性に優れた補助錠を玄関や勝手口に設置する事をお勧めします。※マド用の補助錠もあります。
戸建住宅は侵入経路になりうる箇所が様々です。
泥棒は必ず侵入前に下見をすると言われています。
カメラ付インターホンや防犯カメラ、人感センサー等をバランス良く設置する事で、泥棒に対し威嚇をして侵入を未然に防ぐ効果が期待できます。
さらに有事の際に「記録」が犯人逮捕に繋がる可能性が高まります。

「狙わせない・入らせない」防犯対策のアドバイスを当店がいたします!

kodate_bouhan.jpg

◆おすすめ商品

    犯罪行為の抑止と記録!

  • 防犯センサー

    泥棒は音と光が大キライ!

  • インターホン

    カメラ付インターホンで来訪者を事前に確認!

  • 防犯格子

    泥棒は窓を狙います。防犯格子で窓回りの防犯を強化しましょう!

  • 防犯ガラス

    泥棒は窓を狙います。防犯ガラスで窓回りの防犯を強化しましょう!

  • 防犯グッズ

    お手軽・簡単取付で自己防衛!

 

商品に関するお問い合わせは当店まで