マイナンバー対策 金庫で個人情報を管理・保管しませんか

金庫_2.jpg

国民一人ひとりに12桁の番号が割りふられる「マイナンバー制度」が始まりました。

社会保障や税金等に活用されるマイナンバー(個人番号)ですが、非常に重要な個人情報であるため、民間企業でも厳重に管理・保管することが義務づけられています。

そして今、マイナンバーを紙媒体で管理する場合の保管場所として、金庫が改めて注目されています。

 

株式会社エーコー 
マイナンバー関連書類収納金庫 「マイナンバーセーフ」

 

◆「マイナンバーセーフ」はファイルを保管しやすい耐火防盗金庫です

マイナンバーセーフ_2.png

 


◆安心のポイント

  • ファイルが収納できるテンキー式インナーボックス
    (※インナーボックスは標準では1個付属していますが、追加することも可能です。)
  • インナーボックス_2.jpg

     ※画像をクリックして拡大表示

     

  • 選べる認証方式 「テンキー式」 or 「顔認証式」
  • 履歴保存テンキー式_3.jpg
    ・5種類の暗証番号を自由に設定
    1〜10桁までの暗証番号を使用者別に5種類まで登録できます。
    ・いたずら防止機能を搭載
    暗証番号のさぐりやイタズラを防止するため、5回間違えると一定時間操作を 受け付けなくする機能を搭載。
    顔認証式_3.jpg
    ・認証方式の組合せで5パターンから選択可能
    ICカード「Mifare」も対応。ID番号との組合せでハイセキュリティへと展開。
    ・解錠履歴を最大150,000件記憶する
    USBメモリーでデータをパソコンへ移動。
    Windowsソフト「ワードパッド」や「メモ帳」で閲覧、印刷、保存が可能。

     

  • PCへ接続し、約1000件の解錠履歴情報を確認できる

解錠履歴情報が確認できます_.jpg履歴表示画面_2.png

 

「マイナンバーセーフ」カタログはこちら

 

こちらの商品以外にも、多数の金庫を取り扱っております。
是非この機会にセキュリティ性が高い金庫の導入をご検討されてはいかがでしょうか?

 

ご不明点などございましたら、当店までご連絡ください。

2016年1月作成