電気錠・入退室管理

電気錠システムは、いろいろなシーンで活躍しています。

 

実は、電気錠は単体では通常の錠前と変わりません。その力は、他の機器を接続して初めて発揮します。

電気錠システムは、主に「制御器・操作器・駆動部(電気錠)」の3点で構成されます。

 

一般的な住宅等のカギと比べた利点は・・・

「遠隔からの施錠・解錠の操作」・「扉の状態を遠隔から監視」・「カギを使わずにロックを操作する」ができる事です。

防犯と防災の両観点から「商業ビル・学校・病院・マンションエントランス」など、施設の重要な場所や多くの人が使用する場所、ビルや病院の非常口などの特定箇所に設置されるケースが主でした。

 

しかし近年では、メーカーの製品開発が進み「テンキー・磁気カード・ICカード・リモコン・生体認証など」複数の方法で便利に操作できるようになった事から戸建住宅の導入も増えてきました。

 

さらに、平成17年4月に『個人情報保護法』が施行されたことを契機に、企業が情報漏えい防止を目的として事務所の出入り口やサーバー室などへ「入退出の履歴が残せる電気錠システム」のニーズは一気に広まりました。

 

電気錠と高機能な設備を連動させる事により、「簡単に入らせない」、「入室退出時刻を記録する」、「共連れを防止する」などのことも可能です。

 

また、防犯対策と情報保護対策を行っている企業だと、取引先や従業員に認知させることにより、信用を生み企業イメージの向上につながります。

 

「テンキーで操作したい」、「ICカードで操作したい」、「入退室履歴を記録したい」、「タイマー制御したい」などなど、電気錠システムを構築することによりお客様のご要望を叶えます。

electrickey.jpg

 

当店おすすめの電気錠システム

オフィス向け

暗証番号で開ける  

非接触ICユニットで開ける 
指で開ける

戸建住宅向け
暗証番号で開ける 
リモコンで開ける
非接触ICユニットで開ける
指で開ける

 

商品に関するお問合せは当店まで